AI_事例

AI_事例

半導体の性能とAIの関係性とは? 何故半導体が注目されるのか

AIの飛躍的な発展と半導体技術の進化はとても密接な関係にあり、現代のテクノロジー進歩を牽引する重要な要素です。 2月にNvidiaなどの超大手半導体の決算があり「最高30兆円規模のお金が吹き飛ぶ」と金融界でも話題に挙がっていました。 また、...
AI_事例

GPT4がサボリを改善? アルトマン発 GPT4.5への布石か

OpenAI社のCEOサム・アルトマン氏がChatGPTのサボリ癖を改善した。 といった内容のポストが話題を呼んでいます。 GPT-4の「サボり」を改善か アルトマンが示唆 Sam Altmanの最近のX(Twitter)の発言により、GP...
AI_事例

図書館DXの新時代: AIによる利用者の知的好奇心を刺激する事例紹介

沖縄県立図書館で、こんな表示を見ました。休館のお知らせ。そこには「図書館のDX化。検索にAI。」との記載。通常の検索とどう異なるのか気になるところです。 書籍というアナログ感がむしろ味わいな図書館。そのDX。そしてAIも進出。大変興味が惹か...
AI_事例

話題のAI美女まとめ!実写系からイラスト系までご紹介

近年、AI(人工知能)の進化が目覚ましい中、注目を集めつづけているのが「AI美女」です。かつては単なるプログラムや機械として扱われていたAIも、今や美女の顔と個性を持ち、人々とコミュニケーションを取る存在となっています。この記事では、そんな...
AI_事例

生成AIが「ちょっと待ってください」と言ったら本当に待つべき?

ChatGPTやClaudeの様なテキスト系の生成AIは、基本的にはロボット的な側面と人間的な側面を取り入れられて作られています。 例えば「報酬にりんごをあげるね」とこちらが伝えると「ありがとうございます、うれしいです。しかし私はAIなので...
AI_事例

メディア業界におけるAIの影響と今後の法的課題

生成AIの進化が、メディア業界に新たな法的問題が顕在化しています。 最近の動きの中心にあるのは、ニューヨーク・タイムズがオープンAIとマイクロソフトを提訴した事件です。 この訴訟は、AIによるコンテンツ生成が急速に進化する中で、著作権法との...
AI_事例

ChatGPTに日本のお正月について質問してみた

皆様、新年あけましておめでとうございます。 今年も弊サイトをよろしくお願いいたします。 新年一発目の記事は、ChatGPTがどれくらいの知識やユーモアをもって返答してくれるか、という視点を基に、お正月について質問をしてみました。 是非ご覧に...
AI_事例

生成AIと学習工程の罠 低品質データが引き起こす技術的後退

AIの発展に欠かせない教師データ。 しかし、生成AIによって生み出される低品質なデータがAI技術の進歩を阻害する新たな課題として浮上しています。 これらのデータはAIの学習プロセスに影響を及ぼし、最終的にはAIの性能低下につながる可能性があ...
AI_事例

AI作曲の音楽と著作権法 JASRACの懸念と対応の現状

音楽業界は、AIの進化によって新たな変革の波を迎えています。 特に、AIによる音楽作曲は著作権法において未踏の領域に入りつつあり、この新技術が著作権保護の枠組みにどのように適合するのか、業界全体での議論が必要とされています。 日本音楽著作権...
AI_事例

名画の著作権と生成AIでの取り扱いについて【パロディ】

AIによる生成、特にImageから一部を動画に置き換える手法が発達しており、その中でもモナリザをモチーフにしたり、北斎をモチーフにしたものはよく目につきます。 しかし、こういったときに名画の著作権はどうなっているのでしょうか? こちらの記事...