新着記事

AI_ニュース

Pikaの革新的Lip Sync機能で始まるビデオ制作の新時代

Pikaの新機能「Lip Sync」を深堀り。AI技術を活用したビデオ制作の未来に迫ります。リアルタイムのリップシンクが可能にするコンテンツ制作の新たな可能性を探り、その技術背景と社会的影響を解析します。
AI_活用術

【無料】AI翻訳・自動翻訳ツールの使い方【3選】

2024年3月現在、無料で使えるAI翻訳ツールを紹介します。 みらい翻訳 みらい翻訳は主たる機能が三つあります。 こちらが原文を打ち込み、翻訳してもらう「テキスト翻訳」。 ファイルをアップロードして同一形式のファイルで翻訳してもらう「ファイ...
AI_ニュース

AI解説者ウィンブルドンのコートに立つ【テニス】

2024年のウィンブルドン選手権にAI解説者が登場しました。 あの、ウインブルドンです。もちろんテニスの最高峰です。 この新しい試みは、伝統的なテニスの世界へAI業界からの新しいアプローチとなりそうです。 AIは試合のハイライトを選び出し、...
AI_ニュース

stable video diffusionとは? WEB版の使い方

画像生成AIでもっとも有名なのがstable diffusionですが、今回紹介するstable video diffusionは、同じ開発元のstability AI社から発されている動画生成専用のAIです。 こちらの記事ではstable...

AI_ニュース

AI_ニュース

Pikaの革新的Lip Sync機能で始まるビデオ制作の新時代

Pikaの新機能「Lip Sync」を深堀り。AI技術を活用したビデオ制作の未来に迫ります。リアルタイムのリップシンクが可能にするコンテンツ制作の新たな可能性を探り、その技術背景と社会的影響を解析します。
AI_ニュース

AI解説者ウィンブルドンのコートに立つ【テニス】

2024年のウィンブルドン選手権にAI解説者が登場しました。 あの、ウインブルドンです。もちろんテニスの最高峰です。 この新しい試みは、伝統的なテニスの世界へAI業界からの新しいアプローチとなりそうです。 AIは試合のハイライトを選び出し、...
AI_ニュース

stable video diffusionとは? WEB版の使い方

画像生成AIでもっとも有名なのがstable diffusionですが、今回紹介するstable video diffusionは、同じ開発元のstability AI社から発されている動画生成専用のAIです。 こちらの記事ではstable...
AI_ニュース

Stable Diffusion 3: AI画像生成の新時代を切り拓く

Stable Diffusion 3の特徴と進化を徹底解説。高解像度でリアリスティックな画像生成を可能にする最新AI技術の可能性とは?デジタルアート、ゲーム開発、映像制作など、幅広い応用についても探ります。

AI_事例

AI_事例

半導体の性能とAIの関係性とは? 何故半導体が注目されるのか

AIの飛躍的な発展と半導体技術の進化はとても密接な関係にあり、現代のテクノロジー進歩を牽引する重要な要素です。 2月にNvidiaなどの超大手半導体の決算があり「最高30兆円規模のお金が吹き飛ぶ」と金融界でも話題に挙がっていました。 また、...
AI_事例

GPT4がサボリを改善? アルトマン発 GPT4.5への布石か

OpenAI社のCEOサム・アルトマン氏がChatGPTのサボリ癖を改善した。 といった内容のポストが話題を呼んでいます。 GPT-4の「サボり」を改善か アルトマンが示唆 Sam Altmanの最近のX(Twitter)の発言により、GP...
AI_事例

図書館DXの新時代: AIによる利用者の知的好奇心を刺激する事例紹介

沖縄県立図書館で、こんな表示を見ました。休館のお知らせ。そこには「図書館のDX化。検索にAI。」との記載。通常の検索とどう異なるのか気になるところです。 書籍というアナログ感がむしろ味わいな図書館。そのDX。そしてAIも進出。大変興味が惹か...
AI_事例

話題のAI美女まとめ!実写系からイラスト系までご紹介

近年、AI(人工知能)の進化が目覚ましい中、注目を集めつづけているのが「AI美女」です。かつては単なるプログラムや機械として扱われていたAIも、今や美女の顔と個性を持ち、人々とコミュニケーションを取る存在となっています。この記事では、そんな...

AI_活用術

AI_活用術

【無料】AI翻訳・自動翻訳ツールの使い方【3選】

2024年3月現在、無料で使えるAI翻訳ツールを紹介します。 みらい翻訳 みらい翻訳は主たる機能が三つあります。 こちらが原文を打ち込み、翻訳してもらう「テキスト翻訳」。 ファイルをアップロードして同一形式のファイルで翻訳してもらう「ファイ...
AI_活用術

2020年代の翻訳動向とAI翻訳の台頭

AIを含めた翻訳業界は急速に進化しており、それに伴って言語的な壁を取っ払った文化的な解釈や格差を埋めることがより求められるようになってきました。 2024年はより翻訳AIが発展すると見込まれており、技術の進歩、市場の需要の変化、異文化理解な...
AI_活用術

AIは記号を認識しているのか? 確かめてみる。

昨今の文章生成AIはテンション高めにといったリクエストにも答えてくれる非常に賢い物です。 しかし、ビジュアル面がどの程度のレベルに達しているかは複雑で、実際にこちらが記号を打ち込んでも意図が伝わりづらかったりすることもあります。 そこでこち...
AI_活用術

AIで変わるビジネスの未来: 先進企業が実践する革新的活用法

現代のビジネス環境は、デジタル化の波により劇的に変化しています。企業がこの変化に適応し、競争力を維持するためには、人工知能(AI)の導入が不可欠です。AI技術は、業務の自動化からデータ分析、顧客体験の向上に至るまで、企業運営の様々な側面に革...

AI_用語辞典

AI_用語辞典

【用語解説】フェデレーテッドラーニングとは

フェデレーテッドラーニング(Federated Learning)とは フェデレーテッドラーニングとは、スマートフォンやタブレットなど、多くのデバイスが協力して学習を行う技術のことです。 通常コンピューターが新しいことを学ぶ機械学習時は、大...
AI_用語辞典

【用語解説】ロボティクスとは

ロボティクスとは AI(人工知能)におけるロボティクスは、ロボット技術にAIの原理や技術を組み込んで、より高度な自律性、柔軟性、知能を持たせることを指します。 具体的には、AIを活用することでロボットは環境を認識し、学習し、意思決定を行い、...
AI_用語辞典

【用語解説】次元の呪い(Curse of Dimensionality)とは

次元の呪い(Curse of Dimensionality)とは 次元の呪いとは、データの次元数が増加するにつれて、機械学習モデルの性能を維持または向上させるのが難しくなる現象のことです。 データが持つ次元が増えると、データ点間の距離が非常...
AI_用語辞典

【用語解説】Overfitting(過適合)とは

Overfitting(過適合)とは Overfitting(過適合)とは、機械学習モデルが訓練データに対して過度に最適化されてしまう状態のことを指します。 これは、モデルが訓練データの特徴をあまりにも正確に学習してしまい、新しい未知のデー...

実践プロンプト例

実践プロンプト例

文章や単語を更にわかりやすく要約させる便利なプロンプト

今回は単語の意味や文章をわかりやすくするためのプロンプトを紹介します。 知らない情報が出てきたときに、このプロンプトをコピーして打ち込んでみましょう。 Sample GPT、あなたは要約のプロフェッショナルとして以下の{内容}を中学生が理解...
実践プロンプト例

ChatGPTにプロンプトを作らせるためのプロンプト

プロンプトを作る時に「そもそもどうやってプロンプトを作ったらいいのか」と考える人は多いかと思います。 そこで今回はGPT自身に「GPT用の命令を作ってもらおう」という企画です。 最初から精度高く作ったプロンプトには劣りますが、大体のジャンル...
実践プロンプト例

自由記入のアンケートをより情緒豊かに出力するプロンプトアイデア

今回は悪用厳禁な架空のアンケートから、さらに一歩発展させて内容を充実させるプロンプトを紹介いたします。 アイデアの基や、集計前の点検、予測にご活用下さい。 前回記事:架空のアンケート結果を出力するプロンプトアイデア【悪用厳禁】→ 関連記事:...
実践プロンプト例

ChatGPT3.5 でできる・架空のアンケート結果を出力するプロンプトアイデア【悪用厳禁】

プロンプト次第!ChatGPT3.5 でできる架空のアンケート 今回は悪用厳禁な架空のアンケートを出力するプロンプトを記載します。 アイデアの基や、集計前の点検、予測にご活用下さい。 関連記事:仕事用超便利プロンプト5選!→ そのプロンプト...